フォントのアウトライン化について

フォントのアウトライン化

オリジナルデータをご入稿頂く際に、「フォントのアウトライン化」が必要となります。「アウトライン化」とは、フォントに含まれる文字自体の情報を破棄して、図形化することを指します。


アウトライン前と後のイメージ

なぜ必要なのか?

お客様のパソコン(PC1)でデザインの中に文字を打ちこんだデータを他のパソコン(PC2)で開いた場合、パソコンは以下のように処理します。

  • PC1で打ち込まれたフォントデータを、開いたPC2の中のフォント一覧から探します。
  • 同じものがあればそれを適用、同じものがなければ表示できるフォントを代用して表示します。
フォントが置き換わってしまったイメージ

このため、お客様からご入稿頂いたデータを弊社で開いた際に、お客様の意図しないフォントに置き換わってしまいます。受け取った側では、それが正しいフォントなのか置き換わったフォントなのかは判断がつきません。
一方アウトライン処理をすると、文字は文字ではなく、文字の形の図形になりますので、どのようなパソコンで開いたとしても同じものが表示されるようになります。

弊社ではご入稿頂いたデータにフォントが残っていた場合、印刷に進むことが出来ません。
「入稿データ修正のお願い」というメールが届きましたら、出来るだけ早めに修正・再入稿お願いします。
※この修正期間は、弊社の作成必要日数には含まれません。


アウトラインされているかどうかのチェック方法

アウトラインされているかどうかのチェック方法

作成者もデザインを作成する際、どの文字をアウトラインしたかなどを考えながらデザインすることはまずありません。そのため作成完了後に「文字」を検索して、ヒットしたらまだアウトラインが出来ていない文字があるという確認方法をとります。


文字の検索方法

  • 「書式」>「フォント検索」
  • 表示されたウィンドウ内の”ドキュメントのフォント”の枠内に、フォントがある場合フォント情報が表示される。

アウトライン処理完了までの手順

1.アウトラインをとる前に「名前をつけて保存」
(※例 表紙デザインOL前.ai)
別名をつけて保存イメージ
2.「オブジェクト」>「すべてをロック解除」クリック すべてをロック解除イメージ
3.レイヤーのロック解除 レイヤーのロック解除イメージ
4.「選択」>「すべてを選択」 すべてを選択イメージ
5.「書式」>「アウトラインを作成」 アウトラインを作成イメージ
6.「書式」>「フォント検索」
↑確認してフォントがなければ閉じる。
フォント検索イメージ
7.アウトライン処理完了状態で名前をつけて保存。
(※例 表紙デザイン.ai)
別名をつけて保存

ワンポイント

アウトライン処理後に、文字のうち間違いなどが発覚した場合、アウトライン状態からフォント状態には戻すことができません。アウトライン前の状態を残して作成していれば、そのファイルで文字を修正して、アウトライン処理をしなおすことが可能です。

連絡先バナー